ミノキシジルと発毛の関係

発毛に効果があると高く評価されているミノキシジルという成分は、実は血管拡張剤として開発された成分です。その後の研究により発毛効果があるとされ発毛剤に転用されるようになりました。また主にロゲインという商品名で世界で売られています。

ミノキシジルと発毛の関係
ミノキシジルと発毛の関係

ミノキシジルは血管拡張剤として開発された

発毛や育毛が正しく行われるためには、毛母細胞が活発に分裂することが必要です。そして毛母細胞が活発に分裂するためには、じゅうぶんな栄養がそこに届くことが必要で、そのためには血行が良くなければいけません。そのため頭皮の血行が悪くなると、毛母細胞がじゅうぶんに分裂できなくなるため、薄毛や抜け毛と言った頭髪トラブルが出やすくなります。これは老若男女問わず、薄毛や抜け毛が発生する大きな原因のひとつです。この原因を解消するため、詰まりは頭皮の血行不良を改善するために用いられるのがミノキシジルと言う成分です。このミノキシジル、実は元々は血管拡張剤として開発され、主には高血圧患者の症状改善のために使用されていた成分です。高血圧の人は、常時、血管に負担がかかっている状態です。そのためどうしても血流が滞りがちになりやすいため、それを改善するためにミノキシジルを含む薬が経口薬として使用されていたと言うわけです。ところが、ミノキシジルを摂取し続けていた高血圧患者の多くに多毛症の症状が見られたことから、発毛や育毛に対しても有効なのではないかと言う研究が開始されました。多毛症とは、毛の量が多くなることは勿論のこと、生えてくる毛が太く、濃くなる症状のことです。そして研究の結果、ミノキシジルの血管拡張作用は頭皮の血管に関しても有効であり、そのことで頭皮の血行不良を原因とする薄毛や抜け毛などの改善も効果が期待できると言うことが明らかにされました。ただし現在、ミノキシジルを含んだ内服薬に関しては国内では未認可です。個人輸入などで利用するのは個人の自由ですが、元来は医療現場で使用されていたほどの成分であると言うことを認識しておく必要があります。日本でミノキシジルを利用する場合には、それを含む育毛剤を利用するのが一般的です。

ミノキシジルの発毛効果がすごい

薄毛を改善させるためには、しっかりと毛根に栄養を届けて発毛を促進する必要があります。特に薄毛の人は、頭皮の血行が悪くなっている人が多く、また、体内の酵素の働きにより、髪の毛に栄養が行き渡りにくくなっている人が多いで、血行を促進するということは重要になってきます。そこで、ミノキシジルという成分を使用すれば、血行を促進したり、血管を拡張することができるようになるので、発毛を促進する効果を得ることができるということが言えます。基本的にはミノキシジルは頭皮に塗布するという方法で行いますが、頭皮に塗布することによって、頭皮の毛細血管の血流がよくなります。また、最近では飲むタイプのミノキシジルがありますが、副作用などのリスクは塗り薬よりも高いですが、効果については発毛効果については塗り薬よりも高いと言われています。ですから、もしも飲むタイプのミノキシジルを服用するのであれば、十分注意して服用することが重要になってきます。ミノキシジルは一般的に単独で使用するよりも、薬と一緒に併用することにより、さらに効果を高めることができます。薄毛のタイプがAGAと呼ばれる薄毛であれば、AGA治療薬を服用することによって、髪の毛の成長を妨げていた酵素の働きを弱めることができるので、再び髪の毛が成長していくことになります。そこで、ミノキシジルも併用して使用していけば、より毛髪再生効果を促進させることができるということになります。ミノキシジルはAGAの専門クリニックなどに行けば薬と一緒に処方してもらうこともよくあります。使用方法も簡単で一日に2回頭皮に塗布するだけなので、お風呂上りや朝顔を洗う時などに塗るとよいでしょう。

ミノキシジルを含む薬

発毛効果が高く、薄毛治療の現場でも用いられているのがミノキシジルです。血管拡張によって発毛を促すという成分ですが、AGAにも有効性があり、薄毛に悩む男性からも支持されています。ミノキシジルの利用方法は2通りに分ける事ができるのですが、まず外用薬として利用する方法です。通常の育毛剤同様に頭皮に直接塗布して使用しますが、外から塗布するという事もあり、副作用のリスクが基本的には頭皮にしか及びません。しかしながら稀に動悸が起こったり、胸痛などが発生するケースもありますので、心臓が弱い方の場合ですと利用は禁止されています。ミノキシジルの利用方法として、タブレットタイプの薬を飲むという方法もあります。タブレットの場合は内から作用しますので効果が高いという特徴がありますし、外用薬として利用する時よりも短期間で発毛ができたというケースも多いようです。しかしながらタブレットの場合は頭皮だけでなく、その他の部分にまで影響を与えてしまうという短所があります。外用薬以上に心臓に作用する確率が高くなりますし、例えば外用薬の場合ですと稀にしか発生しない動悸などに見舞われる確率が非常に高くなるのです。さらには酷いむくみが発生したり、胸が痛くなる、EDの症状が発生するなどのリスクもあります。タブレットの場合ですとこのような危険性がありますので、薄毛の治療薬として利用する事は推奨されていません。ですから日本国内の病院でもタブレットタイプを扱っているところは少ないですし、殆どの場合は外用薬としての処方です。ミノキシジルは効果が高く魅力的な成分ですが、しかしながら安全性が最も重要ですので、基本的には外用薬として使用した方が良いと言えます。
■ミノキシジルと併用が可能な成分が含まれている薬
フィンペシア